今や転職活動に欠かせないコンサルタントの存在

人材紹介会社という存在は以前からありましたが、ネットが普及し終身雇用の概念が崩れかけていることにより、以前よりもその存在感が次第に増してきている状況があります。

医師の転職も例外ではなく、しかも医師のような特別職にはそれ専門のエージェントが存在し、転職に関するサポートを積極的に提供してくれているのです。

各エージェントにはキャリアコンサルタントキャリアアドバイザーと呼ばれる人たちがおり、転職の相談に訪れた医師たちの話を聞きながら医師募集をしている医療施設を紹介、その他。
例えばキャリアプランや面接、応募書類の作成、転職のタイミングなどに関しても相談に乗ってもらうことが可能です。

コンサルタントを、ただただ病院を探してもらうだけの存在だとは思わない方がいいでしょう。
利用してみれば受けられるサービスやサポートは多岐に渡り、エージェントなしではベストな転職が難しいとすら感じるはず。

何よりも転職の失敗やリスクをできる限り最小限にしてくれるのが、このエージェントやコンサルタントです。
当たり前のように利用し、病院を探してもらう、キャリアの方向性を示してもらう、各対策のアドバイスをもらうなどするべきでしょう。

ベストな転職先を見つけてもらうコツとは

エージェントを利用し、医師募集の求人のみを取り扱っている専門のコンサルタントに相談をすれば、必ずベストな病院を探してもらうことができるかと言えば、そうとも限らないのが難しいところ。

ベストな転職先を見つけてもらうためには、医師側も協力的にならなければなりませんし、そこにはいくつかのコツも必要になってきます。

できるだけ詳細な、そして正直に条件を伝えること、これを守るようにしてください。
見栄を張ってはいけませんし、曖昧な条件を伝えることもNGです。

エージェント側は医師の話や相談内容を元に求人や医療施設を探していくわけですから、そこに嘘や曖昧さがあっては、ベストマッチな求人及び医療施設を見つけてもらうことなどできません。

こまめにコンタクトをとり、意思の疎通を深めておくことも重要です。
最初に条件を伝えて、あとは丸投げでは、やはりベストな転職先を見つけてもらうことはできないでしょう。

アドバイスは真摯に受け止め、しかし必要なことはしっかりと伝える、この姿勢があってこそ転職が成功へと近づくと思っておかなければいけないのです。

  転職で気をつけるべきこと