最後の決断は実際に見学に行ってから

医師募集をしている医療施設は全国各地域に数え切れないほどあります。
慢性的な医師不足の状態ですから仕方のないことですが、それだけ医師は引く手数多であり、転職先を決めるのにも困らない現状があると言えるでしょう。

ただ、だからと言って必ず転職に成功するとも限りません。
医師募集をしている医療施設も、言い方は悪いですがピンからキリまであり、その中から自分自身や今後のキャリアにとって有意義なところを選ばなければ転職をしても意味はないのです。

ある程度応募先を絞り込んだら、必ずその応募予定の医療施設に見学に行くようにしてください
学校や企業を選択する時と同様で、見学に行くことなく応募を決めてしまってはいけません。

医師募集の求人の情報がいくら詳細に書かれていたとしても、そこからはその医療施設の一部分しかチェックすることができないと思っておきましょう。
重要なのは実際に肌で感じ、自分の目で確かめること。

求人や病院・クリニックのホームページなどには魅力的なことがたくさん書かれています。
それでも、実際に行ってみればそれとは異なる印象を持つこともあるかもしれません。
その印象抜きで応募先を決めてしまえば、転職した後で失敗に気づくことになります。

そんなことにはならないよう、応募や転職の決断は必ずその医療施設に足を運んでからにするべきなのです。

  転職先の病院を決めるときに大切なこと

 

可能な限り多くの医療施設へ見学に

複数の病院に行く、これも非常に重要なポイントです。
できる限り多くの病院へと見学に行くことで、比較対象を作り上げることができます。
それぞれを比較すれば、良し悪しがより鮮明にわかってくるでしょう。

パーフェクトな医療施設を見つけるのは難しいかもしれませんが、理想に近いか否かは掴みやすくなります。
足を運ぶ医療施設の数が極端に少なければ、理想に近いか否かもわからず、もっと自分に合っている病院の存在を逃すことになってしまいかねません。

もちろん複数の病院に行くのは簡単ではないでしょう。
医師として働いていればそのための時間を確保することも難しいでしょうし、体力的にも厳しいはず。
だからこそ転職活動は計画的に、そしてエージェントなどに力も借りながら行う必要があるのです。

エージェントのコンサルタントなどを介せば見学のアポも取りやすくなりますし、そこで働く医師や院長などともコミュニケーションを取りやすくなります。

ただ足を運ぶのではなく、実際に働く医師などと話ができれば、より自分に合っているか否かがわかりやすくなり、それは医師募集の求人などではわからない情報として転職活動に活かすことができるのです。