情報の重要性を主張する医師の体験談

転職した医師の体験談を聞くと、これから転職しようと考えている医師にとって参考になるポイントなどが見つかるかもしれません。

ある医師は、情報の重要性を主張しています。

  「1度目の転職はとにかく医局から出たい一心で、大した準備もせず情報もさほど集めずに転職先を決めてしまいました。
その結果、人間関係に苦しみ、診療に関しても特に学べることがなく大失敗。
2度目の転職は同じ轍を踏む訳にはいかないと、できるだけ情報を集め、逃げ出すよりもキャリアにプラスになるような転職をしようと考えました。

結果、待遇面でも環境面でも自分にとって有益な転職をすることができました。
情報はやはり重要です。
医師募集の求人はできるだけ集め、エージェントなどにも協力を仰ぎながら院内事情も把握すること、これが転職に成功した秘訣であり、ベストな病院の選び方だと実感しています。」

また、別の転職した医師もこう主張しています。

  「医師募集している病院をネット上で見つけ、すぐに応募しました。
しかし、面接対応に納得がいかず、また、院内を案内してもらいましたが、雰囲気も良くないと感じました。
その後いくつか同じように応募しましたが、しっくりとくる病院が見つからずじまい。
改めて情報を一から集めることにしたんです。

すると、私が選んだ病院はそもそもあまり評判がよくなく、離職率も高いことが判明。
だから待遇が良かったのだと納得。
情報を集めずに転職活動を始めたために病院選びがうまくいかず、余計に時間がかかってしまったことを悔いています。」

いかに情報を集め、どれだけ正確な情報を集められるか、これが転職の成功には不可欠であることが、こうした体験談からうかがい知ることができます。

具体的な比較と行動が転職の鍵を握ると語る医師

転職した医師の中には、「転職の成功は、病院同士の具体的な比較が鍵を握っている」と言う人がいます。

  「複数の病院を丁寧に比較してよかった。
あの作業を行わなければ、おそらく失敗していたでしょう。
医師募集求人を見ると、どれもあの時の自分にとっては魅力的にしか映らなかったからです。
もし早まって転職していたら後悔するところでした。

冷静になり、転職サイトのキャリアコンサルタントさんにも相談した上で病院同士を比較したからこそ、各病院の利点も欠点も把握することができたんです。
その後、自らの希望やキャリアとの擦り合わせ作業を行い、自分にとって最良な転職先を見つけることができました。
具体的に比較したことも良かったと感じています。

待遇、環境、症例、患者の層、在籍している医師の実績など、重要なポイントを比べたからこそ冷静に判断することができたと確信しているところです。」

この体験談の中では、比較によって病院の悪いところも冷静に見つけることができた、そう語られている訳です。
さらにこの医師は、そのための行動も重要であると語っています。

  「比較するために、実際に病院を訪ねました。
話も積極的に聞きました。コンサルタントさんと連絡も取り合い、情報交換も頻繁に行いました。
こうした行動や作業を怠らずに行ったことも、転職の成功に結びついたと感じています。」

待っているだけでは良い案件も得られませんし、比較も中途半端なものになってしまうでしょう。
最良な病院を選ぶには、こうした行動も必要になってくるのです。