譲れない条件と妥協可能な条件を整理しておく

転職先に条件を設けることは決しておかしなことではありません。
むしろ医師であれば、その資格とスキルをフルに活用し、転職によってキャリアや収入のアップを図るべきです。

ただ、条件の内容や設け方を間違えると転職そのものを失敗へと導きかねないので、注意も必要となります。

医師が転職する際に強く意識し実行したいことは、条件の優先順位を決めるということ。
条件の中には絶対に譲れないものと妥協できないものがあるはずで、それを上から順に条件の優先順位を決める作業をあらかじめしておかなければいけません。
この作業によって、医師募集求人のチェックをする時にも情報収集や求人の選別がスムーズとなり、無駄な時間や労力を費やさずに済むでしょう。

全ての条件を受け入れてくれるような医療施設はないと思っておくべき。
医師が足りないとは言っても、転職を考えている優秀な医師は多く、それら全てを凌駕し採用してもらうのは至難の業。

だからこそ条件の優先順位をあらかじめ決めておき、採用されやすくするために、もしくは応募先の選択肢を確保するために下位の条件は妥協する用意をしておく意識が求められるのです。

転職のタイミングを左右する退職のタイミング

タイミングの図り方や見極め方、これも医師が転職の際に気をつけなければならないことの一つ。
特に退職のタイミング、これはとても重要になってくるでしょう。
退職できなければ転職できないわけですから当然です。

もし仮に転職先がスムーズに決まったとしても、退職できなければ新しい医療施設で働くことはできません。
働きながら転職活動を行うのであれば、このタイミングがキャリアにも少なからず影響を与えると思っておくべきです。

逆に退職のタイミングが早すぎてしまうと次の転職先が決まるまでにブランクができてしまい、これもキャリアに何らかの影響を与える可能性が出てきます。

引き継ぎや慰留・引き止めなどへの対処、事務的な整理や手続きなども考えた上で退職のタイミングを上手に図り、そしてスムーズに転職先へと移るよう段取りやスケジュールを組む必要が出てくるでしょう。

忙しくてそこまで頭や手が回らないのであれば、転職エージェントのコンサルタントのサポートも受けながら転職計画を立てていき実行していってください。
そうすれば、諸々のタイミングも含め、トラブルの少ない転職が実現するはずです。

  専門のコンサルタントのサポートをうけよう